Windows10パワーアップ

2019/9/8 記
★まず、SSD化


 このサイトの 雑感 → 思いつくままに の「2017/10/1 ディスクの変化」を見て下さい。

早いもので、この記事を書いてから2年が経っています。
私は、2年前は、SSDの信頼性にまだ疑問があったし、値段が高すぎました。
でも、今ならパソコンスピードアップの最右翼です。

教室で使うPCも、SSD化をしています。


★次は、メモリの増設
メモリーは、計算する時に使う「頭の中の記憶域」の大きさです。
いっぺんに多くのデータを記憶できれば、処理効率がいい訳です。

教室のPCのメモリは4GB → 8GBへ

問題が、1ヶ    Windows10特集  → Windows10 3年 → ★なぜ、64bitがいいの?

「★なぜ、64bitがいいの?」に書きましたが、Windows10が、64ビットでないと、メモリーの増設の意味がなし

では、教室のPCは、32ビット or 64ビット   確認方法は?
ついでにエンジンも見ておきます。エンジンとは、CPUです。


64ビットにするには
上の「★なぜ、64bitがいいの?」の少し上の「Windows10のメリット・デメリット」書きましたが
今からでも32ビットを64ビットのWindows10にできるのです。
難点は、アプリの入れ直しがあります。

 
★バックグラウンドプログラムの無効化

SSD化をすれば、びっくりするほど速くなりますが、バックグランドの整理も効果あり

設定 → プライバシー → バックグラウンドアプリ(左メニューの下の方)





バックグラウンドで実行させるアプリ、つまりは「ウインドウを開いていなくても勝手に動作させておきたいアプリ」を指定します。
初期状態では全て許可されている状態です。

何が不要なのか?

私は、はっきり分かるもの(ONにすべき)以外は、全部 OFF にします。
おかしかったら「戻せばいい」ぐらいの感覚でOKです。

もしONのままにするとすれば、以下のものは残しましょう(ONの状態)

•通知を受け取りたいアプリ(メールやLINE、SNSなど)
•データ同期など常に動作をアプリ(OneDriveやDropBoxなど)
•ロック画面で情報を受け取りたいアプリ(天気など)


 
★スタートアップアプリの整理


タスクバーを右クリック → タスクマネージャー → スタートアップ(タブ) 
→ 有効になっている無効でいいアプリをクリックして → 無効にする(下の右)


全部「無効」にしても、必要なものは、自分で復活します。





Copyright 2008 - 2010 attomakun. All rights reserved    v7.4.4

▲ページトップへ