Windows10 設定の活用

 

このページを印刷
昔のコントロールパネル、Windows10でも残っていますが、呼び出しにくくなっています。
Windows10では、「設定」という名前に代わっています。
あまり触ることはないですが、今回は、「設定」を学習します。

「どうでもいいもの」と、先頭に「◎」を付けた「使ってみよう」があるので「へぇ~そうなんだ」って感じで勉強しましょう。
Windows10 大型アップデイト(Feature Update)「Windows 10 May 2019 Update」(直近)でリセットされた機能 2019/7/2 記
非表示にしていた特殊フォルダーが表示されるようになった
Windows Defenderのデバイスセキュリティが初期化された
電源オプションの高速スタートアップがリセットされて有効状態になる
ネットワークで
等々、多くの事例が報告されていますが、大型アップデイト後に戻しておく必要あり分を、実践しましょう
◎一番は、復元ポイントの復活
◎Windows アプリの文字サイズも再設定
Windows10 「知らんかったなぁ~」
最近使ったものを表示、非表示、削除
デスクトップから PC、ゴミ箱のアイコンが消えた
デスクトップのPCアイコンのフォルダはどこ??
ピクチャー、ドキュメント等カタカナ名のフォルダはどこ??
エクスプローラーで画像の縮小版が出ない
全てのフォルダで画像は、縮小表示するには
◎Windows 10の標準機能で画面のキャプチャと動画    ◎切り取り領域とスケッチ(Windes10 アプリ)
 
 
 
 
 



 

◆復元ポイントの復活

Windows10 の初期値は「システムの復元」は無効になっています。
 復元を有効にしていていも、大型アップデートをインストールすると、無効に戻され復元ポイントも削除されます。
「いざ」という時に、役に立ちません。困りますね。


大型アップデイトの後(今のところ、年2回)に必ず復活させておきましょう。

でも、自動更新のアップデイトは、月例(日本では第2水曜日)更新と同時にインストールされるので、気付かないことが多いです。
大型更新は、かかる時間が半端ないので気付くこともありますが。
必ず気付くためのベターな方法は

Windows アプリの文字サイズを変更しておくことです。

Windowsアプリとは、Windowsに標準装備されているソフトで例えば、エクスプローラー
エクスプローラー(PCをダブルクリック)のファイルやフォルダ名のサイズが小さくなっている。
Windows アプリの文字サイズ変更は、次項で書きます。


まず、復元ポイントの復活です


デスクトップのPCアイコンを右クリック → プロパティ → システムの保護




→ システムの保護(タブ) → 保護設定内のドライブを選択(システムという文字がある分をクリック) → 構成





後は、システムの保護を有効にする → OK


 




 
◆Windows アプリの文字サイズも再設定



 ディスプレイの設定で文字サイズ=125%、150%等は、設定できますが、以下のエクスプローラーやブラウザのURL欄には反映しません。

 エクスプローラーのサイズの違いは、以下をご覧下さい



以前「知っとこ!!」で紹介した文字サイズを大きくするツール

「Meiryo UIも大っきらい!!」というツール
http://tatsu.life.coocan.jp/MySoft/index.html#noMeiryoUI
    
このサイト(下図)の赤枠をダウンロード
バージョンは、変更の可能性があります(235)





ダウンロードしたフォルダー内の「アプリケーション」(実行プログラム)をダブルクリック





まず赤枠の「選択」をクリックし、文字サイズを選択(ここでは15px)





次に右隣の「一括設定」ですべての文字サイズを変更します






今後のために、このソフトを「C:\Program Files」に格納し、デスクトップにショートカットアイコンを作ります

デスクトップにダウンロードした「noMeiryoUI235」フォルダをコピーして「C:\Program Files」に貼り付けます


デスクトップの「noMeiryoUI235」フォルダを右クリックでコピー → 「C:\Program Files」を開いて、何もないところで右クリック → 貼付け

「C:\Program Files\noMeiryoUI235」を開いて、noMeiryoUI.exe(種類がアプリケーション)をデスクトップに右でドラッグ
→ デスクトップで離すとショートカットメニューが出ます → ショートカットをここに作成


 



アイコンの名前を変更 → そのアイコンをクリック(選択) → F2 → 「文字サイス変更」とします
F2は、名前変更のショートカットキーです

これで、Windowsの大型アップデイトで、エクスプローラーやブラウザのURL欄の文字サイズが小さくなった時、このアイコンから文字サイズを変更し

同時にWindowsの復元ポイントも復活させておきます。


 




 
◆Windows10 最近使ったものを表示、非表示、削除

スタートメニューの「最近使ったもの」及び、タスクバーのに表示されいるショートカットアイコンを右クリックしたときに出る「最近使ったもの」を表示、非表示の設定

元々は、Windows 7で追加された「ジャンプリスト」ですが、使いたいファイルやフォルダーを簡単に開く機能です。
毎日使うものは、スタートメニューのタイル化の方がベターです。
「スタートメニュー活用」をご覧下さい



まずは、個別の「削除」から

【一部削除】
タスクバーのIEアイコンを右クリック → 削除する一覧を右クリック → この一覧から削除


【全部削除】=非表示(最近使ったものを表示しない)

Windows10の設定です

Winキー + I(アイ) → 個人用設定 → スタート(左のメニュー)
→スタートメニューまたはタスクバーのジャンプリストに最近開いた項目を表示する → オフ

IE(タスクバーのアイコン)を右クリックして → 確認しましょう


オンに戻しておきましょう





 
◆デスクトップから PC、ゴミ箱のアイコンが消えた
 
Winキー + I(アイ) → 個人用設定 → テーマ(左のメニュー) → デスクトップアイコンの設定



表示するアイコンにチェックを入れる    
アイコンの変更もできますが、慣れている方がベターですね。







 
◆デスクトップのPCアイコンのフォルダはどこ??

Winキー(スタートメニューを表示) → Windowsシステムツールを開く → こんなとこにあったんですね








 
◆ピクチャー、ドキュメント等カタカナ名のフォルダはどこ??


ユーザーフォルダ=「ユーザー」は、カタカナ表記で分かりやすくしていますが、中身は英語表記です。
ピクチャー、ドキュメントはどこにあるのでしょう。

まず、Cドライブ内であることは確かです。
Windows10(OS)は、Cドライブに入っています。

PC → Cドライブ → ユーザ





ユーザを開きます(ダブルクリック) → ログインしているユーザ名です・・・・・ここでは「meiyo」です




meiyoが開いた(下図) → パス(赤枠)をクリック






以下が、パスです。








 
◆エクスプローラーで画像の縮小版が出ない

エクスプローラーの表示設定で「特大、大、中アイコン」以外が選択時は縮小版は表示されません

表示(メニュー) → 「特大、大、中アイコン」を選択





でも・・・下図のように縮小画像ではなく、アイコンになったことありませんか?




これを直すには


エクスプローラーでピクチャーを開いて(なんでもOKです) → ファイル → フォルダと検索のオプションの変更






表示(タブ) → 常にアイコンを表示し縮小版は表示しない のチェックを外す

今、ピクチャー内が、アイコンででいるはずなので → 適用をクリックして縮小版になりましたか?

確認したら「OK」をクリック







 


 
◆全てのフォルダで画像は、縮小表示するには


まず、縮小画像(サムネイルといいます)の大きさを決定。大きさは、表示(メニュー) → 「特大、大、中アイコン」を選択
ここでは、大アイコンを選択

次にオプション(ツール)





表示(タブ) → フォルダに適用 → 確認ダイアログは「はい」







これで、画像ファイルを常に同じ大きさのサムネイルが出ます









 
◆Windows 10の標準機能で画面のキャプチャと動画

画面キャプチャと言えば、Snipping Tool ですが、スタートメニューを取る時は不便ですよね。

ショートカットキーを使います。

Winキー + Shift + S(エス)

下図の画面イメージは、全体がグレー色になります
上段の4ヶのボタンで切り取り方が変わります。

下図は、スタートメニューを表示した状態でのキャプチャです。

左から
四角形に切り取る
自由に選択
全画面を選択・・・・・・・・・・・私は、いままで Shift + Print を使っていました
中止(ESCキーでもOK)





 
アクティブ・ウインドー(一番前で稼働中の窓)の全体を取る時は
Alt  + Printキー でOKです。
ダイアログ等を取る時は、便利です。


【余談】

クリップボードに複数履歴が持てるのは、ご存じのとおりです。
その履歴の1ヶを電源をOFFにしても消さないようにするには


Winキー + V(ブイ)でクリップボードを表示して

下図のピンをクリックして 斜め向きにする
自分で「×」で削除する必要あり





 
◆切り取り領域とスケッチ(Windows10 アプリ)


Windows10 1809に、画面キャプチャアプリ「切り取り領域とスケッチ」が追加されました。
Snipping Tool と比べると、戻す/やり直し機能、定規、トリミング、ペンツールのカラーが増え、かなり強化されています。

どこにある?・・・・・使うなら、どこかにピン留めしましょう

在りか不明の時は、検索窓(スタートボタンの右) → 「切り取り」と入力・・・・・下図

実は、1ヶ前の Winキー + Shift + S(エス)がそのアプリです。






なぜ?アプリ本体を起動したか?
画像編集(文字書き)をやってみましょう


上図の開くをクリックして画像を呼び出しての編集も可能です。
ここでは、

アプリを起動して → 新規 → ドラックして切り取る

後は、編集ツールを試しましょう・・・・・「習うより慣れる」「慣れるためには触る」








 



Copyright 2008 - 2010 attomakun. All rights reserved    v7.3.14

▲ページトップへ